fc2ブログ

azuma











2年ほど前に初登場し、その後継続して提案し続けるバッグ。

もはや、hender scheme の、新たな定番と言っても差し支えないですよね。





2023121019274999c.jpeg


hender scheme (エンダースキーマ) azuma bag

small   ¥20,900-
big     ¥30,800‐ (inc,tax)








お問い合わせも多くいただいている品番。

モードなデザインチックのようで、ナチュラル感もある、不思議な雰囲気のバッグです。










ここ最近でこういった形のバッグを提案しているところも多い。

しかしご存じでしょうか、実はこの形って、日本発祥のモノなんですよ。






遡ること、江戸時代末期~明治初期。

日本ではそれまでの鎖国政策が撤廃。

欧米や西洋の人々が日本に滞在、来航するようになり、

それまで無かった海外の文化が日本に流れてくることに。





いわゆる、『明治維新』 というヤツですね。

(このあたりの授業まではギリ覚えてます ^ ^; )



2023121019274956a.jpeg





面白いのは、それまでの日本人って、カバン、という概念が無かったそう。

当時の西洋人が持っている鞄に興味深々だったそうで、

日本人なら馴染みのある、風呂敷というアイテムで、

見よう見まねで、何とかして鞄を作ったとか。






それが、『 あづま(あずま)袋 』。

エンダースキーマのこのバッグは、それをモチーフとはしていますが、

まったく新しい視点から、新しい解釈で作られた、まったく新しいバッグ。




20231210192746825.jpeg



メインには、厚手のコットンとジュールを使ったツイル生地。

ネップ感、ザラ付きのある、粗暴な風合いと質感。

特にnatural のカラーは恐らく無染色で、ところどころに黒っぽい繊維が残っており、

自然の表情そのまま、といった感じ。






そしてハンドルや底には、ブランドらしい、レザーの切り替え。

勿論ブランドの代名詞でもあるベジタブルタンニンで鞣した革を使っており、

使うほどに艶、馴染みが増す変化も。




20231210192743943.jpeg





ということは、これって全部、自然由来の素材を使っているんですよね。

そりゃあ、ナチュラルな雰囲気たっぷりになる訳だ。







だからこそ、良く馴染み、そして更に馴染んでくれる。

肌馴染みや硬さ、というのも勿論ですが、洋服においてもそうです。




20231210192741453.jpeg





これは City Lights で扱っているもう一つのレザーブランド、

ERA.にも言えることかと思いますが、

ファッションのテイストから作る小物のブランドって、この辺りが嬉しいですよね。






日常使いに最適なサイズ感のsmall,

PCや書類が沢山入るbig の2サイズでご用意しています。

お探しでした方は、どうぞお試しいただけますと嬉しいです。











Instagram






City Lights OFFICIAL ACCOUNT  @citylights.kumamoto_official

City Lights STAFF ACCOUNT @citylights2012 (Kinoshita) @tm210109 (Murakami)














City Lights ONLINE-STORE

MEETS ONLINE-STORE

MEETS VOICE

ichie DAILY REPORT

ichie ONLINE STORE
















それでは皆さまのご来店、心よりお待ちしております。









City Lights  村上






スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply










Trackback