FC2ブログ

buddy optical × City Lights

2020-10-15 057_01








昨日のブログで小出しにしていましたが、buddy optical にレンズカラーを別注したモデルが届いています。





今回、デザイナーの池原さんと話し合ったのは

クリアレンズ以上、サングラス未満というレンズカラーに加えて、昨今ではありそうでない組み合わせにしようということ。




City Lightsでも今まではシルバーにグレー系、ゴールドにブラウン系を定石にしていましたが、

今回は思い切って反対のコンビネーションに致しました。



それもそれぞれのレンズカラーで最も明るい色をピックしているので、かけてみた感じは全く違和感がないんですよね。


むしろそれがとてもマッチしているような、、、




今回はその配色で2モデルご用意致しました。



本日は僕自身早速購入してかけているお馴染みPrincetonからご紹介いたします。










2020-10-16 012_01








2020-10-16 013_01








2020-10-16 017_01








2020-10-16 021_01








Buddy Optical (バディーオプティカル) Princeton Nomal Titanium ¥28,000 - ¥30,000 + TaX








クラシックなテクニックやデザインを採用しているPrinceton。




City Lightsで取り扱ってきたBuddy Opticalのモデルの中でも、

ヴィンテージのようなデザインやフォルム、かけ心地の良さでとても好評いただいているモデルです。





という訳で、同じタイミングでご覧の通りクリアレンズもご用意しています。


値段の開きはそれによるもので、クリアレンズが¥28,000で別注レンズが¥30,000。





今回僕は今までチャレンジしてこなかったゴールドをチョイス。

肌馴染みも良いですし、秋冬のシックな色にも相性良さそうな気がしています。










2020-10-16 036_01









もうひとモデルは、Princetonと比べると少しだけクセがある一本。


もう少し存在感を演出したい方にはベストなモデルになると思いますので、

そちらは後日ご紹介したいと思います。




眼鏡はかけた時のフィーリングも大事だと思います。

気になる方はぜひ店頭でお試しください。










それでは皆さまもどうぞ良い週末を。
















Instagram

City Lights OFFICIAL ACCOUNT  @citylights.kumamoto_official

City Lights STAFF ACCOUNT @citylights2012 (Kinoshita) @citylights____masaki (Inoue)









City Lights ONLINE-STORE

MEETS ONLINE-STORE

MEETS VOICE

ichie DAILY REPORT

ichie ONLINE STORE

Herring Bone VOICE



























City Lights  木下

スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply










Trackback