FC2ブログ

モヘアの解釈。

こんにちは。City Lights の木下です。





日に日に寒さが増してきていますので、そろそろアウターを・・という方も多いのではないでしょうか?




私自身ここ数シーズン、ロング丈のコートを中心に買ってきたので、

今期はミドル~ショートレングスのアイテムで何にしようかと思案中、、



店内ではブルゾンやジャケット、そしてコートとアウターが充実しておりますが、

なかでも私がとても気になっているのはこちらです。










2018-11-02 006_01



2018-11-02 005_01



2018-11-02 007_01



2018-11-02 008_01






MAISON FLANEUR / Knited Mohair Jacket  ¥100,000 + Tax








テクニカルなアイテムながら、どこかアバンギャルドなムードを感じさせるニットジャケット。




「モヘア」と言えば、あのふんわりとしたタッチで主にプルオーバーニットやニットカーディガンで使用される素材ですが、

なんとこちらではフラネールならではの生産背景を活かしてアウターライクなジャケットを製作しています。




世界でも数少ないヴィンテージの編み機を所有するフラネールは、

一旦その編み機で生地を作り、そこに芯地を付けることで「編み物」ではなく「生地」としてモヘアを解釈。




とても手間のかかる工程なんですが、それによる複雑な表情や質感、

そして着心地までとても秀逸な仕上がりなんです。



素材もブランドこだわりのひとつで、こちらではヴァージンウールをメインにアルパカ、シルクと上質なものをチョイス。

写真では伝わりにくい部分ですので、ぜひ店頭でお確かめいただきたいところです。






2018-08-28 043_01


CREDIT:

MAISON FLANEUR / Pocket Fisherman Turtle-neck sweater
MAISON FLANEUR / Corduroy Pants
COMOLI (コモリ) CHEANEY別注サイドゴアブーツ







アウターの重厚感がありながら、着心地はモヘアニットという良い意味で不思議なアイテムです。



この丈感のものは普段お車に乗られる方(熊本では多数と思いますが、、)はもちろん、

着る人の体型を選ばないバランスになると思いますので使い勝手も抜群。


冒頭書いているこだわりの生地、そしてこのアイテムならではの着心地の良さは

ぜひぜひ店頭にてお確かめください。









City Lights ONLINE-STORE

MEETS ONLINE-STORE

MEETS VOICE

ichie DAILY REPORT

ichie ONLINE STORE

Herring Bone VOICE










それでは週末も皆様のご来店心よりお待ちしております。




City Lights 木下

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply










Trackback