FC2ブログ

真冬のコーチジャケット。

こんにちは。City Lights の木下です。





10月も後半戦ということで、重ためのアウターをお探しの方が増えてまいりました。





インポートブランドですと一足先にご覧いただいておりますが、

国内ブランドはこの時期から、いわゆるヘビーアウターが充実してまいります。


今期もたくさんのおススメアウターをご用意しておりますが(手前味噌ですが、、)

本日は中でも安定感があり、独特なムードを兼ね備えた一枚をご紹介したいと思います。





2018-10-14 003_01



2018-10-14 002_01



2018-10-14 001_01



2018-10-16 010_01



2018-10-16 020_01





whowhat (フーワット) WOOL COACH JACKET [CAMEL/BLACK] ¥64,000 + TAX





今回の春夏に初めてリリースされ、店頭でも颯爽と姿を消した「コーチジャケット」のリピート。


秋冬ではとても上質で高級感あるタッチの、カシミア混ウールを使用し、

軽くて暖かい中綿仕様にアップデートしています。




この生地は日本のウール産地である尾州一宮にて生産しており、

柔らかな手触りが特徴でビーバーの毛皮を表現した加工(ビーバー加工)を施した一枚。



高級な生地(素材)と、どこか相反するようなコーチジャケットというギャップにwhowhatらしさを感じます。




前回のワイドシルエットの良さは残しながら細やかなサイズ感を修正。

・・・好評だったディティール面はこちらでも継承しています。





2018-10-16 007_01



2018-10-16 017_01





もはやBAGいらずな内ポケのデザイン。

よくよく考えたら、コーチジャケット以前のアウターでも採用されていたディティールなので、

以前からのファンの方にも嬉しいポイントではないでしょうか??



ともあれ、この生地、このディティールで、このプライス・・

と考えると、ここ数シーズンの中では一番(?)手に取りやすいように感じます。





デザインも強すぎず、かといってシンプル過ぎない一枚ですので、

アウターとしてとても使いやすいアイテムだと思います。







2018-10-16 001_01



CREDIT:

Sasquatchfabrix.(サスクワッチファブリックス) KNIT CORDUROY MOCKNECK
m's braque (エムズ ブラック) PLEATED TRACK PANTS
Hender Scheme (エンダースキーマ) mouton lace







シンプルなデザインなので、色柄などプラスするスタイリングも合いますが、

個人的には秋冬らしい質感(コーデュロイ、レザー、ニット)を無地ものでプラスするくらいが気分です。




今期のwhowhatは、得意のデザインはもちろん、使いやすさだったり、機能面まで充実したアウターが多数そろっています。

普段、ブランドに馴染みがない方にも提案できるラインナップになるかと思いますので、

アウターを検討されている方はぜひとも店頭にて試してみてください。








City Lights ONLINE-STORE

MEETS ONLINE-STORE

MEETS VOICE

ichie DAILY REPORT

ichie ONLINE STORE

Herring Bone VOICE










それでは週末も皆様のご来店心よりお待ちしております。




City Lights 木下




スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply










Trackback