FC2ブログ

MAISON FLANEURのFISHERMAN KNIT。

こんにちは。City Lights の木下です。





暑かったり、寒かったり、となかなか洋服が選びにくい時期ですが、

店頭では秋冬ならではのウールニットをお求めの方が増えてまいりました。



個人的にも秋冬で一番好きなアイテム、と言って過言ではない「ウールニット」

まさに得意分野(!)なMAISON FLANEURより、私自身とてもほしいフィッシャーマンニットをご用意しました。





2018-08-28 059_01



2018-08-28 025_01



2018-08-28 003_01



2018-08-28 007_01



2018-08-28 030_01





MAISON FLANEUR / Pocket Fisherman Turtle-neck sweater [CAMEL/BLUE] ¥62,000 + TAX





世界中で探してもほとんどない、、といわれるヴィンテージの編み機にて製作されるMAISON FLANEURのニット。


ヴィンテージの編み機となると誰でも扱えるわけではないので、

昔から受け継がれてきた技術を熟練の職人さんたちがひとつひとつ手間をかけながら製作しています。



デザイン的にとても洗練されたイメージもありますが、

こちらのアイテムイメージはヨーロッパの漁師たちが強い海風から身を守るために着用していたフィッシャーマンニット。


当時のフィッシャーマンニットに風合いを近づけるべくハイツイストのウール糸を使用し

極限まで度詰めの畔編みで仕上げられています。




フィッシャーマンニットのある意味タフでマッチョな雰囲気(?)を昇華させた

イタリアブランドらしい解釈だな~と感じます。



インナーライクではなく、単体でムードがある一枚なので

さらりとシンプルに着こなしたいですね。






2018-08-28 001_01



CREDIT:

MAISON FLANEUR / Belted Pants
Hender Scheme (エンダースキーマ) cheak zoo [holstein]






そして真冬にはインナーとして、、



袖部分のサックホール、そしてフロントにデザインされたフラップポケットは

コート類の間からさりげなく主張します。



デザイン面しかり、実際に着てみるととても暖かいので、

モダナイズされたフィッシャーマンニット・・というニュアンスがガシガシと楽しめそうな一枚。



気負わずにいつもフィッシャーマンニットを着るときにコレ(!)というような、

デニムやチノとのオーセンティックな組み合わせも違いが出せるように思います。



10月に入り、店頭ではウールニットも充実し始めました。

ぜひぜひ本格的に寒くなる前に、準備がてらお試しくださいませ。






City Lights ONLINE-STORE

MEETS ONLINE-STORE

MEETS VOICE

ichie DAILY REPORT

ichie ONLINE STORE

Herring Bone VOICE










それでは皆様のご来店心よりお待ちしております。




City Lights 木下



スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply










Trackback