FC2ブログ

遣唐着 2017

こんにちは。City Lights の木下です。




いよいよ冬本番、

ここ熊本でもヘビーアウターを手放せない日が続きます。


アウターの準備がまだ・・という方、

そして他の人と同じようなのが嫌だ・・という方、


ぜひともこちらの一枚をお試し頂ければと思います。






DSC_0007_20171206_151553.jpg





DSC_0003_20171206_151418.jpg





DSC_0005_20171206_151453.jpg





DSC_0008_20171206_151632.jpg





DSC_0025_20171206_113006.jpg





the Sakaki (ザ サカキ) 遣唐着 2017  ¥68,000 + Tax






the Sakaki が初期よりスポット的に提案する「遣唐着」


今回はかなり大幅にデザインをアップデートしてリリースです。



もともとカンフージャケット(コート)のデザインで好評いただいていましたアイテムですが、

こちらではモダンな要素も取り入れつつ、the Sakaki らしいリラックスした素材やバランスで製作。



以前までチャイナボタンだったフロントはレザーコードのトグルボタンに、

そしてショールの襟型は前下がりを大きくつけたラウンドカラーに変更。



とくにフロントではジップアップパーツを内側に配するなど、

防寒対策までしっかりデザインとして取り入れている点も流石です。



そして見た目に現れないアップデートのポイントはコート裏にも・・





DSC_0019_20171206_112746.jpg





DSC_0020_20171206_112826.jpg





DSC_0021_20171206_112839.jpg





以前のブログでご紹介している同ブランド、ロングコートと同じく

左右に大きい内ポケットをデザインした機能性のある仕上がりに。



腰の位置で絞れるスピンドルと一体になっているので、

そのあたりのテンションもお好みに応じて調整して頂けます。




これくらいしなやかな生地でオーバーサイズのバランスだとインナーも選びませんし、

何より軽くて着やすいです。



ビッグシルエットのスウェットやニットの上からでもストレスなく着れる点、

そんなアイテムをたくさん着られる方にはベストだと思います。

(私もそうですが、、)






CSC_0005_20171206_112317.jpg





気兼ねなくガバッと羽織れて軽い、、

これは個人的にアウター選びの中でも欠かせません。



「ありそうでない」ではなく「ないもの」を提案する、the Sakaki らしい一枚とも言えますね。



ぜひぜひ店頭にてお試しくださいませ。










City Lights ONLINE-STORE

MEETS ONLINE-STORE

MEETS VOICE

ichie DAILY REPORT

ichie ONLINE STORE

Herring Bone VOICE









それでは皆様のご来店、心よりお待ちしております。






City Lights 木下


スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply










Trackback